日本語教育叢書つくる<br> 会話教材を作る

個数:

日本語教育叢書つくる
会話教材を作る

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 231p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784883195282
  • NDC分類 817.8
  • Cコード C0081

目次

第1章 作る前に(会話とは何か;会話の仕組み;会話教育における指導学習項目;会話教育における学習活動;会話教育のプログラム)
第2章 作って使う(モデル会話を作成して用いる;ロールプレイを利用する;会話活動を行う;会話授業のさまざまな可能性を考える)
第3章 作って使った後で(研究と実践の連携の重要性;学習者の会話の分析と会話教育の連携;学習者による会話授業についてのコメントの分析)

著者等紹介

関正昭[セキマサアキ]
東海大学国際教育センター教授。東京都立大学人文学部卒業。海外技術者研修協会日本語専任講師、愛知教育大学教育学部助教授、鹿児島女子大学文学部教授等を経て現職

土岐哲[トキサトシ]
京都外国語大学日本語学科教授、大阪大学名誉教授。大阪大学博士(文学)。早稲田大学文学部卒業。国際学友会専任講師、米加大学連合日本研究センター専任講師、プリンストン大学客員講師、東海大学助教授、名古屋大学助教授、大阪大学教授を経て現職

平高史也[ヒラタカフミヤ]
慶應義塾大学総合政策学部教授。東京外国語大学大学院外国語学研究科ゲルマン系言語専攻修了。ベルリン自由大学文学博士

尾崎明人[オザキアキト]
名古屋外国語大学教授。国際基督教大学で日本語教育を専攻。東海大学、モナシュ大学(豪州)、姫路獨協大学、名古屋大学を経て、2006年より現職。接触場面の会話研究でモナシュ大学より博士号取得。2007年6月から日本語教育学会会長

椿由紀子[ツバキユキコ]
名古屋大学留学生センター、愛知学院大学教養部非常勤講師。名古屋外国語大学国際コミュニケーション研究科博士後期課程在籍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。