トーマス・マン物語〈1〉少年時代からノーベル文学賞まで

個数:

トーマス・マン物語〈1〉少年時代からノーベル文学賞まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 629,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784883031528
  • NDC分類 940.28
  • Cコード C0097

内容説明

現代ドイツ文学の最高峰トーマス・マンを膨大な資料(作品・時評・日記・書簡など)を縦横に駆使して、あくまでその人物像に迫ろうとする伝記物語。本巻では、少年時代から第一次世界大戦をはさみ、ノーベル賞受賞、ヒトラーの権力奪取―ファシズムの台頭という時代状況におされて、マンの発言に重みがましていく―までの時期をあつかう。

目次

市民と死んだ猫
人形芝居
小さなプリンス
気を揉ませる母、あるいはエキゾチックな魅力
裏切られるばかりで、愛はなし
犬を鎖に
女性恐怖症、自己憐憫
無邪気な賢さの勝利
忍耐の試練
慢性的な思春期〔ほか〕

著者等紹介

岡田浩平[オカダコウヘイ]
1937年生まれ。1967年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程終了。1969年より早稲田大学専任教員。専攻は1933~1945年の間のドイツ亡命文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。