金石文に見る百済武寧王の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784882027232
  • NDC分類 221.035
  • Cコード C0021

内容説明

明日香のキトラ古墳に埋葬された百済王族の秘密を解く。「古代日本の遺物」の謎解明。韓国の研究者による決定版。

目次

1 百済武寧王(斯麻王)の出自に関して―彼は蓋鹵王の太子
2 「隅田八幡神社所蔵人物画像鏡」の銘文を見て―百済武寧王(斯麻)は「大王年」代を使った
3 『日本書紀』の「天皇・崩」・「百済王・薨」は加筆―武寧王(斯麻)の逝去は大王の死・「崩」
4 七支刀銘文の新しい解釈―倭王旨は百済の「王族」
5 倭王武の上表文(四七八年)を見て―倭王武は武寧王の少年時代
6 武寧王陵の遺物で比定した船山古墳被葬者の身分
7 南郷村の大王銘馬鈴と感恩寺出土の大王銘馬鈴―大王銘馬鈴は百済王の贈り物
8 『梁職貢図』に見る百済武寧王の疆土―王の世の中は実に巨大な領域
9 『隋書』の百済附庸国・〓牟羅国はどこか―それは済州島でなく台湾か
10 キトラ古墳の被葬者は誰か

著者等紹介

蘇鎮轍[ソチンチョル]
1930年(韓国)全北益山生まれ。53年ソウル大学法学部卒業。高等考試(行政科)合格。57年(米)南イリノイス大学M.A.。63年(米)オクラホマ大学Ph.D.。60‐85年(韓国外交官として)シンガポール、アフガン、ヨルダン大使歴任。64年(米)メリランド大学(ソウル分校)講師。86年(米)バークリー大学研究教授。87年以来円光大学教授、客員教授。97年東アジア史学会(東京)会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 日本と朝鮮半島、一衣帯水の関係は古代においてまさに“一体”に近いものであった。武寧王の出自から始め、古代日本の遺物に遺る謎を追求し、百済が偉大なる“海洋国家”であったことを示しつつ、キトラ古墳に埋葬された百済王族の秘密を探る。韓国の研究者による決定版。

 Ⅰ百済武寧王(斯麻王)の出自に関して─彼は蓋鹵王の太子
 Ⅱ「隅田八幡神社所蔵人物画像鏡」の銘文を見て
 Ⅲ『日本書紀』の「天皇・崩」、「百済王・薨」は加筆─武寧王(斯麻)の逝去は大王の死・「崩」
 Ⅳ七支刀銘文の新しい解釈─倭王旨は百済の「王族」 
 Ⅴ倭王武の上表文を見て─倭王武は武寧王の少年時代
 Ⅵ武寧王陵の遺物で比定した船山古墳被葬者の身分 
 Ⅶ南郷村の大王銘馬鈴と感恩寺出土の大王銘馬鈴
 Ⅷ『梁職貢図』に見る百済武寧王の彊土─王の世の中は実に巨大な領域
 Ⅸ『隋書』の百済附庸国・躬牟羅国はどこか
 Ⅹキトラ古墳の被葬者は誰か