ポーと雑誌文学―マガジニストのアメリカ

個数:

ポーと雑誌文学―マガジニストのアメリカ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 257,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784882027065
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

内容説明

終生、雑誌と深く関わり、自らを「マガジニスト」と呼んだポーの創作の原点に迫る。「雑誌」から覗くエドガー・アラン・ポーの創造世界。

目次

ポーと雑誌文学
第1部 ポーの推理とジャーナリズム(大衆と芸術の狭間―「モルグ街の殺人」「黄金虫」「盗まれた手紙」;ジャーナリズムと美女の憂鬱―「マリー・ロジェの謎」;推理する編集者の新たな試み―「署名」「メルツェルの将棋指し」)
第2部 ポーの文壇批評(鼻高紳士は卵料理がお好き―「オムレット公爵」「名士の群れ」;パロディとしての教訓物語―「悪魔に首を賭けるな」;アメリカ文壇を斬る―「シンガム・ボッブ氏の文学と生涯」)
第3部 ポーと女性たち(多重基準な女性観―「ベレニス」「モレラ」「ライジーア」;無視され続けた短編―「長方形の箱」「楕円形の肖像」;『グレアムズ・マガジン』の女性寄稿者たち)

著者等紹介

野口啓子[ノグチケイコ]
現在:津田塾大学助教授。著書に『E.A.ポーの短編を読む』(共編著、勁草書房、1999)/『ヒロインから読むアメリカ文学』(共著、勁草書房、1999)/『アメリカ小説の変容』(共著、ミネルヴァ書房、2000)。訳書にマドンナ・コルベンシュラーグ『眠れる森の美女にさよならのキスを』(共訳、柏書房、1996)

山口ヨシ子[ヤマグチヨシコ]
現在:神奈川大学教授。著書に『E.A.ポーの短編を読む』(共著、勁草書房、1999)/『ヒロインから読むアメリカ文学』(共著、勁草書房、1999)/『ジェンダー・ポリティクスのゆくえ』(共著、勁草書房、2001)。訳書にイーディス・ウォートン『歓楽の家』(共訳、荒地出版社、1995)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 「雑誌」から覗くE・A・ポーの創造世界。大衆読者層の出現により、出版がひとつの産業となった1830〜40年代のアメリカ。文学が「商品」となり、大衆に売れることが最優先された時代、編集者でもあったポーは、生涯、自分自身の「雑誌」を発刊することを追い求め、「雑誌文学」を芸術の域にまで高めようと格闘していた……。自らを「マガジニスト」と呼んだポーの作品を、雑誌との関わりで読み直す意欲的な論文集。図版多数。

 【収録内容】
  序論 ポーと雑誌文学
   ▼第Ⅰ部 ポーの推理とジャーナリズム
   ▼第Ⅱ部 ポーの文壇批評
   ▼第Ⅲ部 ポーと女性たち 
 
 【主に論じられる作品】
  「モルグ街の殺人」、「黄金虫」、「盗まれた手紙」、「マ リー・ロジェの謎、」「署名」、「メルツェルの将棋指し」、「 オムレット公爵」、「名士の群れ」、「悪魔に首を賭けるな 」、「シンガム・ボッブ氏の文学と生涯」、「ベレニス」、「モ レラ」、「ライジーア」、「長方形の箱」、「楕円形の肖像」 ほか。