緑の文学批評―エコクリティシズム

個数:

緑の文学批評―エコクリティシズム

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 291p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881989029
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C3098

内容説明

21世紀を生き抜く新しい文学はなにか、そしてそれを語る批評パラダイムはなにか。エコクリティシズムは、テキストとテキスト、テキストと社会の意味のネットワークを、テキストと自然と土地に広げ、エコロジーの生命のネットワークの原理を批評のコンセプトとする地球時代の新しい批評である。本書は、エコクリティシズムと従来の批評制度との関連のみならず、この批評が生れた歴史的必然性、思想史的動向と出自、風景と物語の新しいレトリックの特質など、エコクリティシズムの柱となる重要な論文を集めその全容紹介を目指す翻訳論文集である。

目次

序章 緑の文学批評―エコクリティシズムとは何か
第1章 超越から退化へ―伝統的自然観の終焉
第2章 自然と沈黙―思想史のなかのエコクリティシズム
第3章 ディープ・エコロジーとポスト構造主義の出会い―意味から生命のネットワークへ
第4章 アメリカの庭の創造―アメリカ研究の見直しとグローバルな価値の創造
第5章 アメリカ・パストラルの思想―イデオロギーとしてのパストラル
第6章 聖なるフープ―エコフェミニズムと新しい物語の可能性
第7章 ピクチャレスク美学と国立公園制度―風景美学という批評制度
第8章 言語の果肉―感覚的なるものの魔術
第9章 「沈黙の春」から「地球温暖化」にいたる終末論的語り―エコロジーの言説とレトリック
第10章 エコロジー的アポカリプス―シルコーとカーソンの神話の回復と予言の文学

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ノルノル

3
エコクリティシズムがどういうものか、そのエッセンスを集めた論文集の翻訳。個人的に1-5章までは参考になる。後半、訳者が神智学、ブラヴァツキー夫人知らないようでそこはもったいない。環境思想・運動とオカルトの水脈を見逃している可能性。その辺の意識あるとエコロジーアポカリプス文学も読み方変わるかもしれない。2019/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1137142

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。