サトナカがゆく!―風まかせ動物探索記

個数:

サトナカがゆく!―風まかせ動物探索記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784881371701
  • NDC分類 482.1
  • Cコード C0040

目次

都会探索随想記―都会にイキモノがいないなんて誰がきめたのだ?の巻
郊外探索随想記―あなたのそばにもきっといる動物たちの巻
里山探索随想記―ちょっと脚の延ばせば遭遇できる動物たちの巻
山奥探索随想記―人知れず自然に生きるたくましい動物たちの巻
今泉忠明&里中遊歩 居酒屋座談会―「動物探索虎の巻」

著者等紹介

里中遊歩[サトナカユウホ]
1966年東京都生まれ東京都育ち。「日本野生生物リサーチセンター」代表。ライターの他、販促プランナー・コピーライターなどの肩書きも持つ

今泉忠明[イマイズミタダアキ]
1944年東京都生まれ。国立科学博物館で哺乳類の分類・生態を学ぶ。文部省(現・文部科学省)の国際生物計画(IBP)調査、日本列島総合調査、環境庁(現・環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加。またニホンカワウソの生態、富士山の動物相なども調査する。1999年、北海道サロベツ原野にて、世界最小の哺乳類トウキョウトガリネズミを、世界で初めて生きたままの捕獲に成功。「ねこの博物館」館長、動物科学研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamakujira

2
東京での(千葉と栃木にも遠征するけど)生物観察ガイドブック。生物と言っても、主題が哺乳類なのがおもしろい。都会、郊外、里山、山奥と章だてして、それぞれに観察のツボを教えてくれる。こういう本は小学校の図書室に配りたいね。そのためにも、もっと漢字にルビをふってほしい。小4の次男が欲しがって買ったのに、読めない字が多くて挫折してた。写真が多いから、それでも楽しめるけれど、もったいない。 (★★★☆☆)2014/10/05

尾張こまき

1
あ~これこれこういうの!憧れです。里山の生き物探し。(ヤマビル怖いけど)。舞台が東京都っていうのがミソなんでしょうね。目を向ければこんなにたくさんの生き物がいるよ!と。相変わらず、外来種の問題は目を覆いたくなるばかりですが、外来種に向ける里中さんの眼差しがすごくいい。ミシシッピアカミミは悪いやつだ皆殺しにしろ、っていう人とイルカは可愛いから喰うな、っていう人は表裏一体だと思う。結局人間本位。動物の種名の後に「さん」付けする表現も、わかるわかる!あるある!オトナ向けの巻末の居酒屋対談もグッドでした。2014/01/23

piccoro116

1
軽いタッチの表紙とは裏腹にとてもしっかりした内容の本。都市、里山、山間問わず、著者が生き物を探し記録している。 関東の中学、高校の生物部の部室に一冊有ればいいなぁと思う本です。 2013/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7061305
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。