Object oriented selection
Javaスレッドプログラミング―並列オブジェクト指向プログラミングの設計原理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 436p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784881359181
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

内容説明

並列処理におけるJavaのスレッド機能を徹底解説。排他制御・同期制御・スレッド管理について丁寧に詳説。並列処理設計で定番のプログラミングをパターンとして整理・説明。

目次

第1章 並列オブジェクト指向プログラミング(並列処理機能の利用;オブジェクトと並列性 ほか)
第2章 排他(不変性;同期 ほか)
第3章 状態依存(失敗への対応;保護されたメソッド ほか)
第4章 スレッドの生成(一方通行のメッセージ;一方通行のメッセージの構成 ほか)

著者等紹介

リー,ダグ[Lea,Doug]
パターンをはじめとするオブジェクト指向の技術について著名な人物。Sun Labと5年以上にわたる共同研究を行っている。State University of New York at OswegoのComputer Scienceの教授。共著として「Object-Oriented System Development」がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

米サンマイクロシステムズ社監修の「The Java Series」の一冊で、Javaによる並列プログラミングの手法を扱ったハイレベルな解説書です。インターネット上におけるJavaのサーバープログラミングに必要な並列処理手法について、コンパクトにまとめられています。今注目を浴びるソフトウェアパターンの実践的な解説書としても役立ちます。