雇用と生活の転換―日本社会の構造変化を踏まえて

個数:

雇用と生活の転換―日本社会の構造変化を踏まえて

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月27日 21時09分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784881252901
  • NDC分類 365
  • Cコード C1030

内容説明

専修大学大学院経済学研究科主催の政策科学シンポジウムの報告者を中心として、「福祉と環境コース」所属教員が、コースのキーワードである「生活の質」に視点を定めながら、労働と生活をめぐる構造変化の動向について考察した成果。

目次

第1章 グローバル資本主義下の「生活」と「労働」―日本とドイツの比較を中心として
第2章 日本経済の現状と雇用問題
第3章 働く・働けない・働かない
第4章 日本のワーク・ライフ・バランスの実情―2007年以降の動向
第5章 労働と生活にとっての「安定」とは何か―貧困を捉える視角としての「移動」を考える
第6章 「G企業」時代における労働政策と労働組合
第7章 協同組合と社会経済運動―地域生活圏の接着剤

著者等紹介

町田俊彦[マチダトシヒコ]
1944年東京都生まれ。北海道大学農学部卒業。東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。経済学修士。現在、専修大学経済学部教授。専攻は財政学、地方財政論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。