若者再考―自己カテゴリ化理論からの接近

個数:

若者再考―自己カテゴリ化理論からの接近

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 181p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881252444
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C3011

目次

第1部 序論(問題提起と本書の目的)
第2部 実証研究(若者特有の行動に関する実態把握―若者観察者の視点から;若者特有の行動に関する実態把握―若者の視点から;若者特有の行動の指標としての一人称の使用の様相、およびその機能的意味;重要となる集団への同一視と一人称への意味づけとの関連;若者カテゴリの知覚に伴って生じる若者カテゴリへの同化;若者カテゴリへの同化に必要となる個人内の諸側面;一人称の機能的意味より生じる自己イメージが、若者カテゴリへの同化に必要となる諸側面に及ぼす影響)
第3部 結論(本書の結論と展望)

著者等紹介

大和田智文[オオワダトモフミ]
1992年3月専修大学法学部法律学科卒業。2004年3月東京成徳大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻修士課程修了。2007年3月専修大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学。2007年4月‐2009年3月専修大学人文科学研究所特別研究員。現在、関西福祉大学社会福祉学部講師、博士(心理学)、臨床心理士・学校心理士。専門分野:社会心理学、臨床心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。