銀行管理会計

個数:

銀行管理会計

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 209p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881251850
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C3033

内容説明

本書は、学位論文をもとに一部見直しを図ったものである。銀行管理会計がどのように発展し、今後どのような方向に向かうのかといったことが主たるテーマとなっている。

目次

第1部 銀行管理会計の歴史的考察(銀行管理会計の特徴と先行研究;日本の銀行誕生と管理会計;護送船団行政と銀行管理会計;バブル崩壊後の銀行管理会計―リスクを勘案した管理会計の登場;銀行管理会計とコーポレート・ガバナンス―関係性に関する歴史的考察)
第2部 銀行管理会計の課題と展望(銀行の原価計算;銀行の収益管理;銀行管理会計の課題と展望―BSCによる銀行管理会計とリスク管理との融合)

著者等紹介

谷守正行[タニモリマサユキ]
1984年九州大学工学部卒。2000年までさくら銀行(現、三井住友銀行)総合企画部にて管理会計を担当。2001年よりウッドランド(現、フューチャーアーキテクト)主席研究員として金融管理会計の調査研究。2003年専修大学経営学部経営学研究科修士課程修了。NTTデータ金融ビジネス事業本部部長として金融機関に対する管理会計コンサルティング。2005年都立短期大学経営学部にて教鞭をとる。2006年専修大学経営学部経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)取得。同年より専修大学経営学部にて教鞭をとりながら、りそなHDの管理会計構築を推進、現在に至る。日本会計研究学会会員、日本原価計算研究学会会員、日本管理会計学会会員、日本証券アナリスト協会検定会員、特種情報処理技術者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。