岡本かの子作品研究―女性を軸として

個数:

岡本かの子作品研究―女性を軸として

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881251713
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C3095

目次

第1部 かの子作品における“都市”(『渾沌未分』論―小初の見据えた東京;『丸の内草話』論―エネルギー体としての都市;『女體開顕』論―「渾沌」の巨都)
第2部 ジェンダーからの解放(『花は勁し』論―芸術を生む存在;『生々流転』論―“鏡”としての蝶子)

著者等紹介

溝田玲子[ミゾタレイコ]
1973年京都府生まれ。1995年フェリス女学院大学文学部国文学科卒業。1998年専修大学大学院文学研究科修士課程修了。2005年専修大学大学院文学研究科博士後期課程修了(文学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。