パリ八百長テロと米国1%の対日謀略

個数:
  • ポイントキャンペーン

パリ八百長テロと米国1%の対日謀略

  • リチャード・コシミズ【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 成甲書房(2015/12発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 65pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月14日 00時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880863351
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

内容説明

2015年の出来事。パリの連続テロ。エジプトでのロシア旅客機墜落。トルコ軍に撃墜されたロシア空軍機…。世界最大の発行部数を誇るY新聞をいくら読んでも、これらの事件・事故の関連性はわかりません。だが、21世紀のこの世の中の真の構造が分かってくると、すべての事件が見事につながっていると、鮮明に浮かび上がってきます。実にシンプルなことなのです。この世の「裏の構造」さえ把握できれば、どんな事件も瞬時に解読できます。裏側にいる「巨悪」の思惑が手に取るようにわかります。では、その「巨悪」とは誰なのか?本書はその謎をすべて解いていきます。

目次

第1章 パリで何が起きたのか?(パリ惨事の不可思議;フランスのEU離脱を恐れる米国1% ほか)
第2章 ISISとは何か?(ISISとユダヤ人;ISISと日本 ほか)
第3章 パリ惨事を呼び込んだ米国の凋落(BRICSとAIIBの脅威;ウクライナ暴力クーデター ほか)
第4章 米国1%の対日謀略(南九州地震の失敗;ジャパン・ハンドラーズと安保法 ほか)
第5章 日本の国富の奪い方(アベノミクスの罪;不正選挙への道)

著者等紹介

リチャード・コシミズ[リチャードコシミズ]
ネット・ジャーナリスト。1955年東京生まれ。青山学院大学経済学部卒業後、商社勤務中に同僚の保険金殺人事件に遭遇、警視庁に告発すると同時にネットで情報を公開した。2007年には自身の後援会「独立党」を結成、2012年の衆院選挙、2013年の参院選挙における「不正選挙」を糾弾し、全国各地で訴訟を提起(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。