日本人よ、歴史戦争に勝利せよ―GHQ洗脳史観への決別宣言

個数:

日本人よ、歴史戦争に勝利せよ―GHQ洗脳史観への決別宣言

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月23日 07時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880863344
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0030

内容説明

熾烈なる知の戦い「歴史戦争」を勝ち抜くために―共産主義はインターナショナリズムが基調だが、なぜなのか。グローバリズムには部分的な警戒心を示しても、これが新しい形の共産主義であることには世界の人々(日本人だけではない)は無関心である。外交視力強化のためにもグローバリズムの正体を深く学ばなければならない。それこそが中韓との熾烈な歴史戦争に勝利するための武器となるのである。

目次

第1部 日本人が知ってはならない国難の正体(日本を滅ぼすのは日本人である;桐一葉落ちて天下の秋を知る~ユダヤ人問題とグローバリズムを例にして;人格の基礎と「愛国心」)
第2部 日本人はグローバリズムは共産主義だと知らない―ドイツ人フリッツとの対話(日本人の滅亡は近いのだろうか;紙幣という欺瞞と人類の厄災;世界支配の面妖なる仕組み;敗戦国の破壊;世界史を読み解く「鍵」とは;日本にだけ悲しい正義があった;全日本(オールジャパン)が消えた日)

著者紹介

若狭和朋[ワカサカズトモ]
昭和17(1942)年福岡市生まれ。九州大学法学部卒。昭和40(1965)年、岐阜県下の県立高校の社会科教師となり、38年間教鞭を執る。日本の学校教育、とりわけ歴史教育への積年の義憤を動機として著作活動に入る。現在、発言集団「シューレ」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)