コールマン博士は知っていた―さらに的中していく“世界経済”戦慄予言

個数:
  • ポイントキャンペーン

コールマン博士は知っていた―さらに的中していく“世界経済”戦慄予言

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月24日 15時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880862408
  • NDC分類 361.65
  • Cコード C0030

内容説明

株価暴落、デリバティブ崩壊、巨大金融機関の破綻、警告のすべてが現実となってしまった…なぜコールマン予測はかくも正確なのか?300人委員会の黒い野望を解析すれば、国際マネーの未来など、たやすく見通せるのだ。さらに的中していく“世界経済”戦慄予言。

目次

第1章 アメリカ経済、完全崩壊の序曲が聴こえる
第2章 破局の日、生き延びる道はあるのか
第3章 300人委員会は破局の時を繰り上げた
第4章 キャッシュレス経済生活がもたらす奴隷社会
第5章 IT革命の未来はエレクトロニクス強制収容所
第6章 ペーパーマネーと戦争の邪悪な相関図

著者等紹介

コールマン,ジョン[コールマン,ジョン][Coleman,John]
1935年英国生まれ。元・英国軍事諜報部第6部(MI6)将校。任地アフリカでの諜報活動中、英国王室と諜報機関が「300人委員会」を中核とする闇の世界権力の忠実な道具であり、全世界人類と諸民族国家の敵である事実を偶然に入手した秘密文書によって知り、MI6を脱出、1969年にアメリカに移住、帰化。以後30余年にわたって300人委員会等の活動を徹底して暴露、警告を続けている。英国軍事諜報部は「裏切り者」は容赦なく抹殺する組織であり、博士も報復として資産、年金、保険等を剥奪され、著作には妨害工作、剽窃、誹謗中傷が執拗に繰り広げられている。また2001年以降は、ELF放射線を使用と思しき攻撃が博士の自宅になされ、深刻な健康被害をこうむっている

太田龍[オオタリュウ]
昭和5(1930)年、樺太生まれ。平成3(1991)年以降、全人類を世界人間牧場に収監しようと企図するユダヤ・フリーメーソンを中核とした超巨大勢力による新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を看破し、警鐘の乱打を続けている。現在、天寿学会、文明批評学会、週刊日本新聞、日本義塾主宰。海外の貴重文献を渉猟して日本に紹介する活動を精力的に行ない、著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

株価暴落、デリバティブ崩壊、巨大金融機関の破綻、警告のすべてが現実となってしまった・・・・
なぜコールマン予測は正確なのか?
300人委員会の黒い野望を解析すれば、国際マネーの未来など、たやすく見通せるのだ!

ジョン・コールマン博士
1935年英国生まれ。元・英国軍事諜報部第6部(MI6)将校。任地アフリカでの諜報活動中、英国王室と諜報機関
が「300人委員会」を中核とする闇の世界権力の忠実な道具であり、全人類と諸民族国家の敵である事実を偶然に
入手した秘密文章によって知り、MI6を脱出、1969年にアメリカへ移住、帰化。以後30余年にわたって300人委員
会等の活動を徹底して暴露、警告を続けている。英国軍事諜報部は「裏切り者」は容赦なく抹殺する組織であ
り、博士も報復として資産、年金、保険等を剥奪され、著作には妨害工作、剽窃、誹謗中傷が執拗に繰り広げら
れている。また2001年以後は、ELF放射線を使用と思しき攻撃が博士の自宅になされ、深刻な健康被害をこうむっ
ている。
                    
太田 龍 
昭和5(1930)年 、樺太生まれ。平成4(1992)年以降、全人類を世界人間牧場に収監しようと企図するユダ
ヤ・フリーメーソンを中核とした超巨大勢力による新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を
看破し、警鐘の乱打を続けている。現在、天寿学会、文明批評学会、週間日本新聞、日本義塾主宰。海外の貴重
文献を渉猟し、日本に紹介する活動を精力的に行ない、著書・訳書多数。