エコロジーという洗脳―地球温暖化サギ・エコ利権を暴く「12の真論」

個数:
  • ポイントキャンペーン

エコロジーという洗脳―地球温暖化サギ・エコ利権を暴く「12の真論」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年05月25日 08時31分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880862378
  • NDC分類 519
  • Cコード C0030

内容説明

環境税は悪魔の新税、排出権取引はデリバティブ(金融派生商品)。エコの美名に騙されるな!日本にとって本当に大事な環境問題12の真論。

目次

排出権(税)とは「空気税」であり、環境税は悪魔の新鋭である
環境伝道師アル・ゴアの「不都合な真実」
環境問題と経済思想―排出権取引の矛盾
そもそも「環境問題」とは何だろうか?
「地球温暖化でサンゴ絶滅」は大ウソ!真実はこうして隠される
アメリカの「プリウス人気」の裏に何があるのか
洗脳の手段としての「環境映画」その正しい鑑賞法
CO2は地球温暖化の真犯人か?―科学ではさっぱり分からない地球温暖化
日本の切り札「原子力発電」を操るアメリカ
日本の「水」関連企業に注目せよ
環境騒動に乗じてエネルギー自立を目指せ―天然ガス立国の夢を見る
「宇宙船地球号」と人口・食糧・環境