女子学生のキャリアデザイン―自分らしさとワークライフバランス (新訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880654607
  • NDC分類 377.9
  • Cコード C0037

内容説明

自分らしく、いきいきと働ける職業と職場を選ぶために。最新版データ掲載。

目次

1章 キャリア教育
2章 女性と働き方
3章 ワークライフバランスと男女共同参画
4章 これからの女性の生き方
5章 就職活動と自己理解
6章 業界研究・企業研究
7章 企業内での人事評価制度

著者等紹介

野村康則[ノムラヤスノリ]
安田女子大学非常勤講師・キャリアコンサルタント(国家資格)。九州大学経済学部、福井県立大学博士前期課程修了。エスエス製薬(株)専務取締役を経て、福井大学大学院教授。福井工業大学教授・学科長。安田女子大学キャリアセンター長・教授を経て2018年より現職。論文に「敦賀市商工会議所開所100周年記念地域振興記念論文、最優秀賞」「平成21年広島県の男女共同参画事業を進める会小論文、最優秀賞」など

竹内雄司[タケノウチユウジ]
安田女子大学キャリアセンター次長兼ビジネス心理学科教授。早稲田大学商学部、神戸大学大学院経営学研究科社会人MBA課程修了。大学卒業後、マツダ(株)に入社。採用、人事企画、人材開発、組織開発、グローバル人事など人事畑を中心に従事し、その間、米国駐在や人事部長などを経験。在職中、採用面接や昇格面接でのべ1万人以上と向き合い面接のプロを自認している。専門は組織行動論(キャリア、リーダーシップ、モティベーション等)。人事部門での経験をベースに、学生へのキャリア支援、就活支援に力を注いでいる

段野聡子[ダンノサトコ]
安田女子大学現代ビジネス学科准教授。博士(経済学)。専門は公共政策、ワークライフバランス論、財務会計。同志社大学商学部卒業、福井県立大学大学院経済・経営学研究科博士課程修了。論文に「The partnership between Npo and Government‐from the efforts of compact in Britain」(Man,Earth and Universe所収、2017年学術貢献賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。