音楽芸術マネジメント〈6(2014)〉

個数:

音楽芸術マネジメント〈6(2014)〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月21日 14時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 164p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784880653563
  • NDC分類 760.4
  • Cコード C3070

目次

特集 第5回夏の研究会・第6回冬の研究大会(日本音楽芸術マネジメント学会第5回夏の研究会・第6回冬の研究大会について)
研究論文(芸術文化政策と文化財政策における選択(支援、保護)主義の原則とこれらを是正ないし補完する枠組みについて
アマチュア文化団体に対する都道府県文化助成金による活動支援の効果と課題―埼玉県を事例として
演奏家の変容に見るアウトリーチマネジメントの意義と可能性―コーディネーターと演奏家への聞き取り調査を通して)
研究ノート(フランスの「現在の音楽(musiques actuelles)」にみる音楽政策の在り方
演奏団体と劇場・音楽堂の提携に関する調査報告
日本におけるオペラ上演環境の整備の経緯1―ワーグナー上演史からみた人材、団体の活動、鑑賞機会、会場整備の歴史
音楽分野の教育プログラムに関する一考察―文化庁「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」を中心に
地方オーケストラの活動を支える収入構造―札幌交響楽団と兵庫芸術文化センター管弦楽団を事例として
近代オリンピックにおける芸術競技、芸術展示、文化プログラム―2020年オリンピック東京大会に向けて
日本開催のオリンピックにおける音楽芸術の役割
無形の文化財としての芸能の保護に資する博物館施設の役割の検討)
現場レポート(自治体文化芸術政策における音楽芸術振興施策の位置づけに関する考察―茨城県の事例を通じて;試論「エンパワーメント音楽祭」としての大阪クラシック;カーリン・ハッチンス博士のピッコロ・ヴァイオリン―新しい楽器普及のための模索と挑戦)