構想日本〈第1巻〉日本再考

個数:

構想日本〈第1巻〉日本再考

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880651613
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

目次

国益と外交
「外務省改革」を考える
日本にとっての「近代」
武士の生き方、日本人の生き方
「都市化」した現代社会
国家とは何か

出版社内容情報

政策シンクタンク・構想日本のフォーラムの記録。第1巻では、政治や外交の課題に始まり、様々な角度から「日本」という国について再考するためのヒントを提示する。

【1巻のおもな内容】
●櫻井よしこ
日本人の心と感性で歴史を正面から見つめることが真の〈国益〉につながる。

●渡辺京二
自然と礼節と親和感にあふれた世界に誇れる社会を、日本は近代によって失った。 

●養老孟司
もう一度自然とのつながりを取り戻せば、日本人はイデオロギーのない社会で生きていける。

●川勝平太
「力の文明」を否定して「美の文明」を再興する。今はその転換の一歩前にある。

●磯田道史
日本人の特性と習性を十分に利用した、日本型の「公」のあり方を考える。

●林健太郎
国家とは民族・文化の自己表現であり、社会の「実存」である。

●山折哲雄
国家を〈王の身体〉という視点から捉え直すと、日本の王権の特殊性が見えてくる。

●国益と外交(櫻井よしこ/白石隆/原丈人)
●「外務省改革」を考える(武見敬三/達増拓也/中村仁威/波多野敬雄/林芳正/船橋洋一)
●日本にとっての「近代」(渡辺京二/川勝平太)
●武士の生き方、日本人の生き方(磯田道史/馬淵澄夫)
●「都市化」した現代社会(養老孟司)
●国家とは何か(飯坂良明/堀江湛/林健太郎/山折哲雄/佐伯啓思)