ちいさい・おおきい・よわい・つよい<br> 災害大国 子連れの心がまえ―ほんとうに役立つことは?

個数:

ちいさい・おおきい・よわい・つよい
災害大国 子連れの心がまえ―ほんとうに役立つことは?

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880499222
  • NDC分類 599
  • Cコード C0077

内容説明

防災チェックリストでは補えない。いのちを守るために、一年に一度は開いてほしい本!地震、台風、大雨、噴火、そして、放射能汚染…。つねに、想定外の事態。日本ではいつでも、どこでも、だれでもが被災者にもなりうる。“ライフラインがストップしたら?”パニックにならず、慌てずかまえることで、こどものいのちを守ります。

目次

わたしの家は、いちばん近い原発から何km?
数週間は、電気・水道・ガスなしを覚悟…。(ライフラインがとまっても―親がパニックにならないためにできること)
編集協力人のみなさん、災害時への備え・心がまえを教えてください。(備えるとき、被災したときの心のもちかた―最悪でも守りたいものはなにか、それを守るためにどうするか;被災したこどもたちを見つめて―登校拒否のこどもの多くは、意外にも冷静でした;3・11、東京の保育園での経験から―街をよく知り、安心できる場所を増やすこと;避難生活でこどもはなにを見ているか―いつだって、人間らしく生きること;小学生とどう備える?―はっきりした指示には応えてくれるはず ほか)
原発事故?こわいけど、考えたらキリがないし…。(もう一度、原発事故が起こったら…―自分の身に起こりうることとして想像するために)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

巳見

0
専門家も含む様々な立場から、防災について実践的に考えた本。心理カウンセラーの内田さんの「不登校の子どもが災害時に落ち着いていたのは、すでに日常が崩れていたから」というのは、とても説得力がある。著者一人ひとりが非常時に持って逃げるものとして「命」「家族」以外に、スマホ等情報機器を挙げているのが、「災害の今」を如実に表している。子どもがいる人は備えとして、いない人は手を差し伸べる側としても必読。2019/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13450093

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。