ちいさい・おおきい・よわい・つよい<br> こどもの「ちがい」に戸惑うとき

個数:

ちいさい・おおきい・よわい・つよい
こどもの「ちがい」に戸惑うとき

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880499185
  • NDC分類 599
  • Cコード C0077

内容説明

発育や発達に障害があっても。みんないっしょに過ごした人から学ぶ幸せのはぐくみ方。

目次

ここで生まれて、ここで生きた―植物状態といわれた娘・天音の社会性(山口ヒロミ(銅版画家))
ぼくたちは「みんないっしょ」をめざした―障害児教育の歴史をひもとく(山田真(「ち・お」編集協力人/小児科医))
「いいところ探し」はきりがない―別のどこか・なにかに期待しない暮らし(北村小夜(元・小中学校教員))
「ちがい」をこどもの世界から見つめれば―ずれている大人の論理(石川憲彦(「ち・お」編集協力人/児童精神神経科医)・熊谷晋一郎(「ち・お」編集協力人/小児科医))

著者等紹介

石川憲彦[イシカワノリヒコ]
児童精神神経科医。林試の森クリニック院長。小児科医として診察のなかで出会った障害児や親たちと、「医療と教育を考える会」を結成

北村小夜[キタムラサヨ]
元・小中学校教員

熊谷晋一郎[クマガヤシンイチロウ]
小児科医。東京大学先端科学技術研究センター准教授。新生児仮死の後遺症から脳性まひになり、車いすで生活している。障害や病気をもつ人が自分の困りごとを研究する「当事者研究」にとりくんでいる

山口ヒロミ[ヤマグチヒロミ]
銅版画家。元・小学校教員。出産時の医療ミスで重症心身障害を負った娘を、夫と19年間、家庭で育てた。その生活のなかから、たくさんの言葉や銅版画が生まれた

山田真[ヤマダマコト]
小児科医。八王子中央診療所所長。診療のかたわら、公害運動、医療告発運動に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。