おそい・はやい・ひくい・たかい
学校に行かない子との暮らし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880496566
  • NDC分類 370
  • Cコード C0077

内容説明

子どもの事情と大人の焦りと不安。昼夜逆転、ゲーム三昧から基礎学力、進学まで。

目次

1 学校を休みはじめたときに(「今日、行きたくない…」→緊張は禁物。共感が優先。;休んで三日めまでに、先生ができること)
2 「休み」が長くなりそうな場合の心得(鼎談 いつまで「待つ」の?「将来」大丈夫?と思ったら―親は「先生」にならない;学校との連絡から夫婦関係まで お母さん・お父さんの「困った!」Q&A)
3 「行かない毎日」を子ども目線で見てみると(大人の不安を押しつけないで!元当事者が語る子どもの気持ち)
4 親が「焦り」を募らせたら(子どもは誰も「登校支援」を頼んでいない―親子とともに歩んだ四五年の経験から;問われているのは学校そのもの―教室と「居場所」から見えたこと)

著者等紹介

岡崎勝[オカザキマサル]
1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員44年め。フリースクール「アーレの樹」理事。1998年より『お・は』編集人。きょうだい誌『ち・お』編集協力人も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやちゃん

2
読みやすい本でした。あまり苦しくならずに読めるところが良いと思います。2020/07/15

ボタン鍋

1
何か涙が出てくる2020/03/10

1
勉強したくて買って読んでみた。 なるほどなーと思ったりちょっとわたしとは考え方が違うなって思ったり。 でも、9割はわかるわかる、そうだよなーって思った。 不登校、難しいな。 それぞれなんでかこれないんだもんな。 まあ学校だけが全てじゃないけど。2019/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14301364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。