感染症と教育―私たちは新型コロナから何を学んだのか

個数:

感染症と教育―私たちは新型コロナから何を学んだのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月25日 10時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880377605
  • NDC分類 374.96
  • Cコード C0036

内容説明

新型コロナ感染症とは何だったのか。教育界を中心に対応の変遷から考える。コロナ禍は日本の教育にどのような影響を与えたのか。コロナへのさまざまな対応を時系列で跡づけて教育学、ウイルス学、地域経済学、地方自治、法学、倫理学等の観点からパンデミックの本質に迫る。詳細な政策対応の経過を年表化して付す。

目次

第1章 私たちは新型コロナから何を学ぶのか
第2章 コロナウイルスとは何なのか、何だったのか
第3章 国と自治体はコロナ禍にどう向き合ったのか
第4章 教育委員会は新型コロナにどう対応したのか
第5章 新型コロナウイルス感染予防のための学校一斉臨時休業と法
第6章 社会教育は新型コロナにどう対応したのか
第7章 新型コロナに教育旅行はどう対応したのか
第8章 これから感染症に教育はどう向き合うのか
第9章 健康格差の是正に教育はいかに貢献できるか
資料

著者等紹介

朝岡幸彦[アサオカユキヒコ]
東京農工大学教授、共生社会システム学会会長

水谷哲也[ミズタニテツヤ]
東京農工大学教授、東京農工大学感染症未来疫学研究センター長

岡田知弘[オカダトモヒロ]
京都橘大学教授、京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。