手術侵襲とその防御―21世紀の指針 (改訂版)

個数:

手術侵襲とその防御―21世紀の指針 (改訂版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 217p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784880036533
  • NDC分類 494.2
  • Cコード C3047

内容説明

近時外科治療は益々精緻となり、複数あるいは広範囲の臓器にメスを加え、長時間を要し、生体を一時的に非生理的環境に暴露することも必要となっている。このように侵襲が巨大となれば、生体の反応も必要以上に過剰となる場合もある。本書では外科操作が侵襲となる過程から説き起こし、麻酔が侵襲を低減し、侵襲情報の形成を修飾し、反応を合目的化する点にまで言及している。

目次

第1章 侵襲制御の意義と展望(侵襲制御の意義;外科侵襲とは ほか)
第2章 手術侵襲と生体の反応―反応の経路(免疫系;内分泌系 ほか)
第3章 手術侵襲と生体の反応―反応の実際(呼吸・循環;体液代謝 ほか)
第4章 21世紀の麻酔管理―その指針

著者等紹介

小川龍[オガワリョウ]
日本医科大学麻酔科教授

弓削孟文[ユゲオサフミ]
広島大学医学部麻酔科蘇生科教授

細川豊史[ホソカワトヨシ]
京都府立医科大学麻酔科助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 麻酔は本来、睡眠、無痛、筋弛緩、反射の抑制を必要条件としているが、自ずと侵襲の抑制と反応の修飾を行っている。21世紀に入り、バランス麻酔の発展とともに麻酔の役割や意義も変化して行き、侵襲と反射の統御がその中心に位置するようになった。21世紀の指針と言える麻酔科医、必携の一冊。