アメリカ文学における「老い」の政治学

個数:

アメリカ文学における「老い」の政治学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月13日 15時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784879843050
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C0098

内容説明

「老い」は肉体的・本質的なものでなく、文化的・歴史的な概念である。だとすれば我々はどのように「老い」ていくか、すなわち「老い」の戦略をたてることができる―近年提示された新たな「老い」概念を援用しながら、「若さの国」アメリカで、作家たちがどのように「老い」を描いてきたのかを探る。

目次

アメリカ文学における「老い」の政治学―その背景と意義
老境のマーク・トウェイン―「落伍者たちの避難所」を中心に
ウォートンの過去を振り返るまなざし―最後の幽霊物語「万霊節」
活力を保ち続ける―ロバート・フロストと老いること
レトロ・スペクタクル―モダニズムの晩年とフォークナーの「老い」の政治学
「老い」の/と政治学―冷戦、カリブ、『老人と海』
時を超える女たち―ユードラ・ウェルティにおける「女たちの系譜」
メイ・サートン―老いと再生の詩学
高齢者差別社会における「老い」の受容―ジョン・アップダイクの描く「老い」
成長と老いのより糸―サンドラ・シスネロスの『カラメロ』に見るボーダーランドの精神
そして誰もが黒くなった―アリス・ランダルの『風は去っちまった』における再生の政治学