魂主義という生き方―5つの自分革命が仕事と人生を変える

個数:
電子版価格 ¥1,527
  • 電書あり

魂主義という生き方―5つの自分革命が仕事と人生を変える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 03時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784879280978
  • NDC分類 169.1
  • Cコード C0030

内容説明

本書では、「魂主義」を生きる5名の方々が登場する。その驚くべき人生の転換は、空想でもフィクションでもなく、リアルな現実であり、あるがままの実話である。

目次

第1の自分革命 人生に見えない次元をプラスする―内外エネルギー交流の発見(「ささいなこと」だろうか;「心の力なんて」という無力感 ほか)
第2の自分革命 「マルかバツか」を超える―「カオス」の導入(味気ない生き方にはしたくない;マルかバツかでよいのか ほか)
第3の自分革命 「青写真」(ヴィジョン)を描いて生きる―内在する魂の力(「青写真」とはそこにあるもの;青写真の感覚を持て―最善の道を引き寄せる ほか)
第4の自分革命 「果報側」から「因縁側」へ―人生の主導権を取り戻す(私たちに「主導権」はない?;選択できることこそ「主導権」の証 ほか)
第5の自分革命 すべてを条件として―魂に軸足を置いて生きる(誰もが切なる「願い」を抱いて生まれてきた;人生の眺めを持つ―宿命から使命への物語 ほか)

著者等紹介

高橋佳子[タカハシケイコ]
1956年、東京生まれ。日々の生活を魂研鑽の機会として生きる「魂主義」を提唱し、その実践原則と手法の体系化に取り組む。現在、各種勉強会を実施しているGLAを主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

♡kana*

20
【どうあらんとするか。自分はどこに向かってゆくのか、何をめざすのか、何を願って生きてゆくのか。】【期待をしたら期待通りになる】【願いがあるから試練がやってくる】 確かに。相手の幸せを心から喜び、相手の苦しみも共有したい、というのは、昔からの願い。2015/06/14

kazzak

0
目の前に起こった出来事・事態に対して、「どうするか」「どうしなくてはいけないか」でなく、自分は「どうあらんとするのか」と問いかける。 そして、その試練とも思える出来事は、天からの神からの呼びかけととらえ、それに応えるためには自分を変える「自分革命」に向かう。 そうした時に具現する力こそ、心の奥底から現れる魂の力である。 ということを5人の方の人生を紐解く形で書かれています。私も、このところ閉塞感を感じていましたので、「自分革命」に向かっていきたい、と思いました。2014/12/27

あどねいす

0
◎因に縁が結びつき果が生じる。仏教の因果の道理を思い出しました。 ◎誰かが導いてくれるだろうと待つ果報側人 間と自らが転換していこうとする因縁側人間 ◎後半の因縁側チェックシートは使えそうな気がしました。2019/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8651317

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。