八切意外史
信長殺し、光秀ではない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 364p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784878934797
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

明智光秀にはアリバイがある。日本史上最大の謀反、本能寺の変驚愕の真相。

目次

てきは、本能寺
光秀にはアリバイがある
森蘭丸は美少年か
真実は雲なのか
信長は腹を切らない
殺し屋はこれだ
ああ忠臣・明智光秀
犯人はあなた、なのか

著者等紹介

八切止夫[ヤギリトメオ]
1914~87。小説家。名古屋市生まれ。日本大学、明治大学で講師を務めた後、64年、「寸法武者」により第三回小説現代新人賞受賞。67年、『信長殺し、光秀ではない』『寸法武者』を刊行。以後、「八切史観」とよばれる独自の史観に基づく歴史小説や評論など膨大な著作を発表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

戦後の歴史小説界で異彩を放った伝説の奇才・八切止夫の作品群を全12巻に厳選! (1)日本史上最大の謀反・本能寺の変。23年の歳月をかけて著者がつきとめた真犯人とは?