なぜ夫は、愛する妻を殴るのか?―バタラーの心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784878933561
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0011

内容説明

DV加害者研究の第一人者が、その心理分析・対策・治療を初めて体系的にまとめた、世界的基本書。

目次

第1部 バタラーとは、どのような男なのか?(バタラーは、どんな男たちか?;バタラーには、どのようなタイプがあるのか?;暴力の周期とは?)
第2部 “虐待的パーソナリティ”は、どのようにつくられるか?(さまざまな説を検証する;父親との関係―「恥辱」と「怒り」;母親との関係―「愛着」と「怒り」 ほか)
第3部 バタラーの治療は可能なのか?(治療グループでは、どんなことをしているのか?;脱暴力へ向けての助言)

著者等紹介

ダットン,ドナルド・G.[ダットン,ドナルドG.][Dutton,Donald G.]
家庭内暴力の加害者研究の第一人者。心理学博士、ブリティッシュ・コロンビア州立大学教授。バタラーの非暴力化のためのグループ治療を開発し、DV加害者への刑事司法政策のあり方を研究・提言してきた。嫉妬から元妻を殺害したとして注目を浴びた「O・J・シンプソン事件」では、バタラー心理の専門家として証言

中村正[ナカムラタダシ]
立命館大学応用人間科学研究科・産業社会学部助教授。臨床社会学の視点から、家族病理・社会病理を研究。カリフォルニア大学バークリー校で客員研究員として米国の家庭内暴力対策の研究後、日本のバタラーへのサポート活動を行なう「メンズサポートルーム」を主宰
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。