本多静六―緑豊かな社会づくりのパイオニア

個数:

本多静六―緑豊かな社会づくりのパイオニア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月21日 03時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784878914522
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1323

内容説明

明治神宮・日比谷公園・日本初の防雪林創設、六甲山系の緑化、埼玉県有林などのマルチオピニオンリーダー。

目次

激変の少年時代
山林学校入学後、本多家の婿養子に
カルチャーショックのドイツ留学
造林学者として出発
鉄道防雪林の創設
大学演習林を創る
六甲山系のはげ山緑化
日本初の「林学博士」
赤松亡国論
鉱毒・煙害調査委員として
水源林の基盤づくり
近代洋風公園の先駆け・日比谷公園
公園設計の依頼殺到
明治神宮の森づくり
現役最後の公園設計・臥竜公園
紆余曲折の国立公園設置
埼玉県有林と本多育英基金
妻銓子のこと
渋沢栄一・後藤新平・北里柴三郎との交流
社会で得たものは社会に返す・金銭哲学と日常生活

著者等紹介

遠山益[トオヤマススム]
お茶の水女子大学名誉教授(生物学)。昭和5年(1930)福島県会津若松市生まれ。昭和29年(1954)東京教育大学理学部生物学科卒業。昭和37年(1962)同大学大学院博士課程修了、理学博士。昭和45年(1970)~2年間カリフォルニア大学ポストドクトラルフェローとして渡米。昭和49年(1974)お茶の水女子大学助教授、後に教授。昭和60年(1985)文部省在外研究員として、英オックスフォード大学へ派遣される。平成8年(1996)定年退官。平成10年(1998)~16年(2004)聖学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。