野外研叢書<br> 埼玉の万葉集―野山に流れた古歌を求めて

個数:

野外研叢書
埼玉の万葉集―野山に流れた古歌を求めて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 17時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784878914140
  • NDC分類 911.125
  • Cコード C0095

内容説明

25基の歌碑に19首の古歌。最古は元禄十年建立の行田市埼玉の前玉神社の万葉灯篭。この碑は全国でも屈指の古さを誇るもの。本書は、著者自ら県内の万葉歌碑を尋ね、歌を読み解くとともに、はたしてその地で歌われた歌であるか否かを解明した埼玉万葉散歩の一冊。

目次

はじめに
東歌・武蔵国の相聞歌
「埼玉」にかかる歌
「入間道のおほやが原」の歌
「武蔵野」を詠んだ東歌
「那賀の曝井」の歌
「浅葉野」の歌
「鳰鳥の葛飾早稲」の歌
「高麗錦」の歌
明経博士・消奈行文の歌〔ほか〕

著者等紹介

藤倉明[フジクラアキラ]
1932年埼玉県加須市生まれ。「第四紀」同人、大宮詩人会会員、さいたま文芸家協会会員、埼玉文芸家集団会員、埼玉詩人会会員、日本現代詩人会会員、「万葉熱会」主宰、「万葉散策の会」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。