大宮古事拾遺

個数:

大宮古事拾遺

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784878911330
  • NDC分類 213.4
  • Cコード C0021

内容説明

「大昔」から「ちょっと昔」まで、旧大宮市に関わるさまざまな分野の古事を、元さいたま市立博物館館長がおもしろ目線で紹介。

目次

1 大宮古事拾遺(地名「大宮」―最古の記録は南北朝時代;神代文字と大宮―文字にも霊力がある;異体字も面白いぞ―異体字を見つけよう ほか)
2 さいたま歴史見聞録(高原山の黒耀石と石器―新たに見つかった黒耀石の産地;貝塚と温暖化―縄文時代の海は地球温暖化の未来図;一粒の籾も死なずば―至高の稲 最適の米 ほか)
3 お庭番日記より(加田屋の称―地名は無形の文化遺産;庚申塔の里―半径一km圏に一三基の密集地;力石―若者の力試し ほか)

著者等紹介

下村克彦[シモムラカツヒコ]
昭和19年(1944)生。昭和42年(1967)國學院大學文学部史学科卒業。埼玉県職員・団体職員を経て、昭和44年(1969)大宮市教育委員会に入職。以来生涯学習一筋に37年、定年退職時は参事兼さいたま市立博物館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。