現代詩史の地平線―その時代に出会った人々

個数:

現代詩史の地平線―その時代に出会った人々

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 413p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784878910913
  • NDC分類 911.5
  • Cコード C0095

内容説明

20世紀から21世紀…それぞれの時代に生きた詩人や作家たち。そして異境の未知の詩人たちとの出会いと作品への情感を描く。雑誌、新聞等に発表された原稿から、著者自らが選んだエッセイ集。

目次

1 戦後詩―青春の出発
2 抒情の前線
3 詩人たち―いかに生き、いかに書いたか
4 井上靖の文学世界
5 世界詩人会議とアジア詩人会議
6 文学と探検
7 韓国・現代詩への旅
5 埼玉の文学―近代から現代へ

著者等紹介

秋谷豊[アキヤユタカ]
1922年11月2日、埼玉県鴻巣市生まれ。小学校卒業後、上京。東京入谷の叔母の家から日大三商に通った。日大予科に進み、そのころ「四季」の堀辰雄、三好達治、丸山薫らを知り、本格的に詩を始める。村野四郎、北園克衛の「新詩論」などに作品を発表。昭和21年、福田律郎らと「純粋詩」創刊。岩谷書店創立に参加し、城左門とともに「ゆうとぴあ」(「詩学」)編集。戦後の文学運動を開始する。昭和21年、浦和市に転居。昭和25年、ネオ・ロマンチシズムをかかげて、「地球」創刊。登山家として戦後登山を開始。エベレスト、アンナプルナ、中央アジア、マッキンレー、アラスカ、北極圏、シルクロード、天山山脈、韓国雪岳山など幾多の海外遠征に参加。日本初の東京国際詩人会議、アジア詩人会議、世界詩人会議を主催。世界芸術アカデミーより文学博士号。桂冠詩人賞、ギリシヤ作家協会賞受賞。著書は、詩集『ヒマラヤの狐』(第二回世界詩人大会賞)、『砂漠のミイラ』(第二十一回日本詩人クラブ賞)、『時代の明け方』(第二回丸山薫賞)のほか十五冊の詩集など。日本現代詩人会会長、埼玉詩人会会長、世界詩人会議日本大会会長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。