新・犯罪論―「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

個数:

新・犯罪論―「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877986179
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0036

目次

犯罪統計は誤解されている(犯罪統計の読み方;警察統計は警察の通信簿 ほか)
エビデンスとグランドセオリーなき政策の弊害(体感治安の意味;「割れ窓理論」の限界 ほか)
厳罰化しない犯罪対策の行方(「縦割り」刑事司法の弊害;コストをかけるべきは刑務所よりも福祉 ほか)
日本の罪と罰をめぐって何をどう変えるか(メディアをどう変えるか;司法の実務家をどう変えるか ほか)

著者等紹介

荻上チキ[オギウエチキ]
1981年兵庫県生。政治経済、社会問題から文化現象まで、幅広く取材・論評するかたわら、編集、メディアプロデュースなどの活動も行う。電子マガジン「シノドス」編集長。TBSラジオ「荻上チキ・Session‐22」パーソナリティ

浜井浩一[ハマイコウイチ]
1960年愛知県生。龍谷大学大学院法務研究科教授。専門は、刑事政策、犯罪学、統計学、犯罪心理。法務省出身。矯正施設、保護観察所のほか法務総合研究所研究官、国連犯罪司法研究所研究員等を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。