再生可能エネルギーが社会を変える―市民が起こしたドイツのエネルギー革命

個数:

再生可能エネルギーが社会を変える―市民が起こしたドイツのエネルギー革命

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784877985363
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0036

内容説明

再生可能エネルギーへの転換は、政治、経済、そして社会の姿を大きく変える。ドイツのエネルギー革命はなぜ起きたのか?エネルギー政策をめぐる電力会社、政府、そして市民のダイナミックな動きを追う。

目次

第1部 再生可能エネルギーが社会を変える(再生可能エネルギー法はどう活用されているのか;再生可能エネルギー法はなぜ生まれたのか;再生可能エネルギー法はどんな法律か;再生可能エネルギー法のいま)
第2部 市民と自治体が変えて行くエネルギー政策(原発を拒否したドイツ社会;脱石炭のための闘い;エネルギー供給事業の奪還を目指す自治体;市民が決めるエネルギー転換への道―ハンブルグ市;エネルギー自治をめざす首都の市民―ベルリン市)
エネルギー転換とは

著者等紹介

千葉恒久[チバツネヒサ]
1962年生まれ。1986年京都大学法学部卒業。1989年弁護士登録。1993~1996年ドイツ・フライブルグ大学留学(公法‐環境法)。1996年同大学・法学修士号取得。東京弁護士会所属。日本環境法律家連盟所属。リゾート開発、熱帯林などの環境問題、市民オンブズマン運動などに取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。