絞首刑は残虐な刑罰ではないのか?―新聞と法医学が語る真実

個数:

絞首刑は残虐な刑罰ではないのか?―新聞と法医学が語る真実

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784877984939
  • NDC分類 326.41
  • Cコード C3032

内容説明

絞首刑の真実が今、明らかにされる。絞首刑について60年振りの本格的な裁判の記録!W・ラブル博士(オーストリア法医学会会長)が「日本の絞首刑で死刑囚の首が切断される恐れがある」と断言!絞首刑執行の新聞記事、104人分収録。本邦初!明治時代の官報刑死者全リスト、1184人分収録。本邦初。

目次

序章 この本が出来るまで
第1章 死刑囚104人の最期―新聞記事は伝える
第2章 本当に絞首刑は残虐な刑罰ではないのか?(最高裁判所への意見(1)上告趣意書)
第3章 日本でも起っていた首の切断・小野澤おとわ(最高裁判所への意見(2)上告趣意書補充書(1))
第4章 日本の刑場でも首の切断やゆっくりとした窒息死がおこる(法医学者の見解(1))
第5章 古畑博士の鑑定は誤りだった(法医学者の見解(2))
第6章 ラブル博士の見解をふまえた判断を(最高裁判所への意見(3)上告趣意書補充書(2))
第7章 首の骨折で瞬間的に死亡するという説は誤りだ(法医学者の見解(3))
第8章 再びラブル博士の見解をふまえた判断を(最高裁判所への意見(4)上告趣意書補充書(3))
第9章 明治刑死者1184人―官報登載全リスト

著者等紹介

ラブル,ヴァルテル[ラブル,ヴァルテル][Rabl,Walter]
医師で、1983年からオーストリア・チロルのインスブルック医科大学法医学研究所(GMI)に勤務している法医学者。同研究所の副所長であり、オーストリア法医学会(¨OGGM)の現会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。