光市事件裁判を考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

光市事件裁判を考える

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 165p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784877983581
  • NDC分類 327.6

内容説明

「光市母子殺害事件」裁判は、裁判員裁判の実施前の大試練である。佐木隆三・毛利甚八・綿井健陽各氏らが、事件・裁判を読み解く。

目次

座談会/光市事件裁判の論点を考える
被告人は心の底から湧いてくる言葉を明かすべきだ―光市母子殺害事件・差戻し控訴審を傍聴して
被害者・遺族も、被告人も救われる可能性―光市を歩く
「公益」色あせる検察―光市母子殺害事件と被害者の存在感の高まり
世の中に伝えるべき対象は「被害者・遺族」だけなのか―「光市裁判報道」はもう一度「差戻し」てやり直す必要がある
解説・光市事件裁判と弁護士懲戒問題―刑事弁護活動とはなにか
Q&A光市事件・裁判