ハルキ文庫<br> 女剣士

個数:

ハルキ文庫
女剣士

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月23日 18時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758439893
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

東北の小藩、志津野藩の一刀流剣術指南役・市成誠四郎に嫁いできた里絵は、自らも小太刀を遣う天才的な女剣士。江戸育ちの里絵は美しい山野に感動するが、藩内では家中を二派に分ける権力闘争が渦巻き、貧困に苦しむ民がいることを知る。藩主指南役をめぐる他流との確執、新田開発事業に絡む不穏な動き…。里絵は、争いに巻きこまれた夫と舅を支えつつ、剣の腕も磨いていく。相思相愛の夫・誠四郎と温かく見守ってくれる舅の元で、女として剣士として成長していく里絵の清々しい姿を、繊細な文章と迫真の剣戟シーンで綴った傑作時代小説『からたちの記 女剣士道場日誌』を改題し、装いも新たに刊行!

著者等紹介

佐江衆一[サエシュウイチ]
1934年、東京・浅草生まれ。日本橋の丸善に勤め、その後コピーライターとなる。60年、短篇「背」で新潮社同人雑誌賞を受賞し、作家デビュー。90年、『北の海明け』で新田次郎文学賞、95年、『黄落』でドゥ・マゴ文学賞を受賞。同作はベストセラーとなり、TVドラマ化、舞台上演される。96年、『江戸職人綺譚』で中山義秀文学賞を受賞。現代小説から歴史時代小説まで幅広い分野で活躍する。古武道杖術師範、剣道5段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。