若槻菊枝 女の一生―新潟、新宿ノアノアから水俣へ

個数:

若槻菊枝 女の一生―新潟、新宿ノアノアから水俣へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 11時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ キク判/ページ数 325p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784877555580
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

新宿・ノアノアから水俣へ―「苦海浄土基金」から広がった患者支援の輪。若槻菊枝ママに惚れ込んだ著者の、5年にわたる取材により浮かび上がる女の人生。

目次

プロローグ 新宿の夜―一九七〇年代
第1章 新潟 出生~出奔
第2章 東京 新宿に店を持つ
第3章 転機 熱狂と覚醒
第4章 水俣 人間を信じている人たち
第5章 探訪 木崎争議
第6章 隠居 東村山暮らし
第7章 晩年 続く水俣への思い
第8章 おるげ・のあ

著者等紹介

奥田みのり[オクダミノリ]
1970年、神奈川県生まれ。米国サンフランシスコ州立大学卒業後、現地のNPOに勤務。帰国後、東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了。専門紙記者を経てフリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takehisa Matsuda

0
東京の片隅にあったバー『ノアノア』の店主の一代記である。 彼女の生い立ちが水俣病の患者さんたちの支援につながっていくことになる。 患者さんたちにとって『完全アウェイ』の地である東京でのサポーターであり続けた若槻。 若槻の一歩は小さな一歩だが、水俣病の患者さんたちにとっては大きな飛躍のきっかけであったのだろう(アームストロング宇宙飛行士っぽく言えば)。2018/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12182350

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。