眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784877282479
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

看護婦・OL・人妻・学生・高校教師・女社長が、どうして夜になると風俗嬢に変わるのか。東電OL殺人事件の被害者と夜の同僚だった著者が裏社会の禁忌と、彼女たちの真相に迫る前代未聞のドキュメント。テレビ朝日「ザ・スクープ」を始め、各マスコミで話題沸騰。

目次

「私って口の中にアレ出されるよりも、オシッコ飲んじゃうほうがいいの」
「お父さんはもう夜中に来なくなったの。あの呻くような声が聞けなくて、寂しかった」
「私、二回目のセックスで、もうイクことを覚えちゃったんです」
「悔しいのは、客とやってて、いっちゃうこと。体が反応しちゃうんだ」
「一日のノルマは三本。それが限界」〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

16
誰からの需要があるのかな?共感できない退屈な話が15人分。2012/10/21

茉莉花

1
私にはイマイチだったので、半分ほどで読了とす2011/08/17

pochi

0
1998年 8月14日

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/361974

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。