新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年12月01日 06時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 381p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784877282431
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0036

内容説明

戦後53年間の見えざる呪縛の鎖を断ち切る解放の書か?それとも戦争の悪夢を喚び起こす禁断の一冊か?戦争とは何か?国家とは何かそして「個」とは?描き下ろしの超大作。

目次

平和をサービスと思う個人
空気に逆らえぬだけの個のない論調
若者のためにスケールのでかい日本の戦争の説明
東京裁判洗脳されっ子の個人主義
南の島に雪が降る
倫理ある個の芽生え
特攻精神
公から離脱した個は人でなない
承認された暴力、されない暴力
他国の軍と残虐度を比較する
反戦平和のニセ写真を見抜け
「証言」というもの
洗脳されている自覚はない
置き去りにされた祖父
痛快な戦争体験
自己犠牲の戦争体験と正義
クニを護ための物語
軍部にだまされていたのか?
悪魔の戦争
個と公
個を超える勇気と誇り
自由と束縛

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

61
実はこの本が私の歴史観を当時ひっくり返された衝撃の一冊だった。これまではいわゆる教科書通りの自虐史観(というほど意識はしてなかったが)になっていたのが、たった一冊の本で大東亜戦争についての見方が変わった。こんな本は今後も中々出ないと思った。当時の人がこのような戦いを世界相手に繰り広げたからこそ今の日本があるし、これからもこの人達を思う限りこの国も続いていくのだろうな。2010/02/14

『よ♪』

52
お祖父ちゃん達には戦うだけのそれなりの理由(正義)があったのだとボクも信じている。2020/03/08

51
戦争の是非を問うのではない。美化するのでもロマンティシズムでもない。誰も好き好んで戦地に向かったわけじゃない。国を、故郷を、そこに暮らす愛する人たちを思い、個を捨て戦った彼らに、全ての罪過を押し付ける我が国の戦後教育を、私たちは鵜呑みにしてきた。「もう過ちは繰り返しません」と言って安穏と暮らしてきた私たち。日本は敗戦国だから、戦争の負の部分(全てが事実なのか?)を背負わされるのはある意味仕方ないのかもしれない。だけど、戦に散った彼らが命を賭してまで守ろうとしたこの国の民だけは、彼らの魂を汚してはならない。2016/02/07

ばりぼー

40
再熟読。個性という名のエゴばかりを主張する現代人の、平和ボケした横っ面を張り倒してくれる刺激的な書です。戦争の恐ろしさや愚かさを知り、反戦平和を学ぶのは当然ですが、このような惨禍を招いたのは、かつての日本(の軍部)が元凶であるという自虐史観に塗り固められているのは、由々しき問題です。長男が修学旅行でハワイに行ってきましたが、「悪いのはパールハーバーを奇襲して戦争を始めた日本でしょ?」としか捉えていません。まさに「勝てば官軍、負ければ賊軍」。日本をそんなに貶めて、どうやって誇りを持てと言うのでしょう?2013/11/30

ななつ

30
外交政策、捏造と洗脳、人種差別と無差別殺人、植民地支配とアジア諸国独立、ヨーロッパ個人主義と公共性道徳を失った私民、先祖とのタテの繋がりと社会とのヨコの繋がり。2020/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565601

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。