虫と自然を愛するファーブルの言葉―大事なことはみんな「昆虫」が教えてくれた。

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

虫と自然を愛するファーブルの言葉―大事なことはみんな「昆虫」が教えてくれた。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 11時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877232801
  • NDC分類 404
  • Cコード C0095

内容説明

『ファーブル昆虫記』著者のメッセージ。見ることは知ることだ。昆虫を愛し、自然と親しみ、独り学び続けた、ファーブル。いのちの本質がわかる言葉。

目次

1 昆虫の章
2 田園の章
3 鳥と植物の章
4 科学と数学の章
5 懐旧の章
6 独学の章

著者等紹介

ファーブル,ジャン・アンリ[ファーブル,ジャンアンリ] [Fabre,Jean‐Henri Casimir]
1823~1915年。南フランスのアヴェロン県に生まれる。博物学者。教員生活のかたわら、南フランスの自然のなかで昆虫の行動観察に打ち込んだ。その研究成果は後年、『昆虫記』(1879~1907年)にまとめられて、彼の代表作となった

平野威馬雄[ヒラノイマオ]
1900年‐1986年。東京市赤坂区(現・東京都港区)に生まれる。詩人・フランス文学者。暁星中学、逗子開成中学、東京外国語学校、京都帝大などで学び、上智大学でドイツ哲学を修めた。若くして文筆活動を始め、詩人として同人誌「青宋」を主宰した。J‐H.ファーブルに関する訳書、著書も多い。アメリカ人の父、日本人の母の間に生まれたことから、戦後は混血児問題に深く関わって、混血児を支援する「レミの会」を組織した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
昆虫の章:だれも知らない虫が真の値打ちをもっていることがある 田園の章:おまえのあらまる慈しみから、なんと豊かに多くの籠をみたしてくれることであろうか 鳥と植物の章:野のさち・山のさちはわれわれの制作物である。けれどもけっしてわれわれの所有物ではない 科学と数学の章:光明にかがやく真理に到達するまでには、長い間、手さぐりで闇の中をさまよわねばならぬ 懐旧の章:このぎこちないゴオル名は、おろかものをほほ笑ませ、賢き者に物を思わせる 独学の章:まちがいのない話をするには、熟知したことからのみ出発すべきである2021/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18290052

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。