問題のある子ども―なにが、神経症を引き起こすのか

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり

問題のある子ども―なにが、神経症を引き起こすのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月27日 20時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 360p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877232672
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

「手に負えない子どもたち」のそれぞれの症状と具体的解決策!本書では「問題を抱えている人(子ども)の事例」についてアドラーが分析し、解決策を示す。事例のなかには、精神分析医(カウンセラー)によって相談が寄せられたものもありますが、多くは、小学校の教師によって持ち込まれた、彼らが自分では手に負えない「問題のある子どもたち」の事例です。

目次

はじめに―編集者ウォルター・ベラン・ウルフ 子どもの神経症のあらましと症状の理由がわかる本
「突然意識を失う」理由―全身のジェスチャーは何を意味するのか
おとなしくて動作が遅い子ども―「過保護」という母親の支配
うそをついたり盗みをする子ども―子どもを犯罪者にしないために
ほかの子と仲良くできない子ども―リーダーになりたい欲望
赤ちゃんのままでいたい子ども―大きくなることが怖い!
けんかや窃盗を繰り返す子ども―反抗的な不良少年の心の奥
食べることのできない子ども―ハンガーストライキの理由
不良グループの言いなりになる子ども―なぜリーダーに逆らえないのか
学校でうまくいかない子ども―従順すぎる理由
不登校に陥る子ども―なにが、神経症の下地を作るのか
知的障害を疑われる子ども―先天的な知的障害の見分け方
残酷で多動な子ども―病気の症状による絶対権力

著者等紹介

アドラー,アルフレッド[アドラー,アルフレッド] [Adler,Alfred]
1870年~1937年。オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りんふぁ

1
各ケースの講義を文章に起こしているため、まるでアドラー先生の講義に参加しているよう。事象やその原因のバックボーンとなるものの見方が、私にはない見方だったから新鮮。面白い。2021/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17222872
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。