なぜ心は病むのか―いつも不安なひとの心理

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

なぜ心は病むのか―いつも不安なひとの心理

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2020年10月28日 01時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877232429
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0095

内容説明

自殺願望、統合失調、躁うつ病、アルコール依存症。ケーススタディから探る「神経症というもの」。アドラーの名著『Problems of Neurosis』邦訳。

目次

第1章 心の不安は、どこからくるのか
第2章 人は、なぜ統合失調症になるのか
第3章 母親は、子どもの心にどう影響するのか
第4章 結婚は、心にどう影響するのか
第5章 心は身体に、なにを引き起こすのか
第6章 人は、なぜうつ病になるのか
第7章 一人っ子、第1子、第2子、それぞれ、どう成長するのか
第8章 甘やかされた子どもは、どうなるのか
第9章 精神障害は、なにを引き起こすのか
第10章 心は、仕事にどう影響するのか
第11章 夢の中で、なにが起こっているのか

著者等紹介

アドラー,アルフレッド[アドラー,アルフレッド] [Adler,Alfred]
1870年‐1937年。オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる

長谷川早苗[ハセガワサナエ]
独日翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件