生きる意味―人生にとっていちばん大切なこと

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

生きる意味―人生にとっていちばん大切なこと

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2020年10月28日 00時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877232320
  • NDC分類 140
  • Cコード C0095

内容説明

医師であり心理学者であるアルフレッド・アドラー(1870~1937年)によって1933年に発表された名著『生きる意味』。2つの意味があるこの言葉を使って、アドラーはその主観的な面と客観的な面を描き出した。甘やかされた子どもたちはどう成長するのか。二つのコンプレックスとはなにか。母親と父親が子どもの成長に影響を与えることとは。なにが精神疾患を引き起こすのか。いちばん大切な「人生の意味」とはなにか。アドラーは、細かく明確な分析を行って「人生の意味」に迫った。

目次

自分と世界をどうとらえればいいのか
人生を読みとる心理学の道具や手法
人生の3つの課題に出会ったとき
肉体と精神はいかに影響しあうのか
体形、行動、性格
劣等コンプレックス
優越コンプレックス
育てにくい子どもたち
甘やかされたひとの架空の世界
そもそも神経症とはなにか
性的倒錯者たち
いったい「自我」とはなにか
母親と父親が子どもの成長に与える影響
白昼夢と睡眠時の夢
「生きる意味」とはなにか

著者等紹介

アドラー,アルフレッド[アドラー,アルフレッド] [Adler,Alfred]
1870年~1937年。オーストリア出身の精神科医。心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アドラー最後の名著『Der Sinn des Lebens』邦訳。「生きる意味」と「生きる意義」。分析を行いその関係に迫る。アドラー本人の原著!

名著『『Der Sinn des Lebens』翻訳。

本書にアドラー心理学のすべてが書かれてある。



生きることの意味とは何か?

子どもの心が正しく成長するために大事なことは何か?

精神と肉体の健全な成長に必要なこととは?



医師であり心理学者であるアルフレッド・アドラー(1870‾1937年)によって1933年に発表された円熟の名著『生きる意味』。

2つの意味があるこの言葉を使って、アドラーはその主観的な面と客観的な面を描き出した。



・甘やかされた子どもたちはどう成長するのか。

・二つのコンプレックスとはなにか。

・母親と父親が子どもの成長に影響を与えることとは。

・なにが精神疾患を引き起こすのか。

・『人生の意味』とはなにか。

アルフレッド・アドラー[アルフレッド・アドラー]
著・文・その他

長谷川 早苗[ハセガワ サナエ]
翻訳