“物語”の廃墟から―高橋哲哉対話・時評集1995‐2004

個数:
  • ポイントキャンペーン

“物語”の廃墟から―高橋哲哉対話・時評集1995‐2004

  • 高橋 哲哉【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 影書房(2004/04発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 140pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784877143152
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

90年代半ばから現在にいたる日本社会の急激な変動をどう読むか―「ショアー」、戦争・戦後責任、歴史修正主義、日本軍「慰安婦」、薬害エイズ、〈9・11〉、靖国、有事法制、憲法・教育基本法改悪…。状況と対峙し、日本の最深部を問う気鋭の論者たちとの対話。第2部に時評・エッセイ17篇を収録する。

目次

戦争の記憶をめぐって(1995.11.17)(高橋順一)
「物語」の廃墟から(1997.5.30)(岩崎稔)
ジェンダーと戦争責任(1997.7.5)(大越愛子)
責任不在社会をどう変えるか―薬害エイズと戦争責任(1999.9.15)(川田龍平)
和解の政治学(2000.9.22)(鵜飼哲)
「女性国際戦犯法廷」が裁いたもの(2000.12.18)(ノーマ・フィールド)
私たちは平和主義を捨てるのか―「有事法制」に反対する(2002.4.17)(水島朝穂)
これは「国民精神改造運動」だ―教育基本法「改正」と『心のノート』(2003.2.12)(三宅晶子)
戦死者の哀悼をめぐって(1998.12.21)
戦争に向きあう責任(天皇と国民の免責 「国体」問う沖縄戦の記憶(2000.8.17)
加害も被害も拒否 東アジアの脱軍事化へ(2000.8.18))〔ほか〕

著者等紹介

高橋哲哉[タカハシテツヤ]
1956年生まれ。哲学専攻。東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。東京大学大学院哲学専攻博士課程単位取得。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。