いのちキラキラ重症児教育―堺市立百舌鳥養護学校分校からの発信

個数:
  • ポイントキャンペーン

いのちキラキラ重症児教育―堺市立百舌鳥養護学校分校からの発信

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 203p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784876996797
  • NDC分類 378
  • Cコード C0036

内容説明

小規模校のよさを生かした重症児教育の実践「あそび学習」を中心にたくさんの写真とともに紹介。障害児教育・医療の第一線で活躍されている研究者と医師が、百舌鳥養護学校分校を通して重症児教育のあり方と方向性を提起。

目次

第1部 生きぬく力をつくる―百舌鳥養護学校分校の教育(「あ・そ・び」―分校の一日;わくわく・どきどき―分校の行事;こころ豊かに―ゆっくりでも着実に発達;教育を援助する立場から―理学療法士・養護教諭;教育を保障するために―医療的ケアへの取り組み;教育条件の充実をめざして―楽しく元気がでる学校づくり;保護者の思い―分校の歩みから)
第2部 重度重複障害児教育のあり方を考える―百舌鳥養護学校分校の教育を通して

著者等紹介

落合俊郎[オチアイトシロウ]
広島大学大学院教育学研究科障害児教育学講座附属障害児教育実践センター教授

杉本健郎[スギモトタテオ]
関西医科大学男山病院小児科部長

橘英弥[タチバナヒデヤ]
和歌山大学教育学部教授

松本嘉一[マツモトヨシカズ]
大阪城南女子短期大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。