森の小さな「ハンター」たち―狩猟採集民の子どもの民族誌

個数:

森の小さな「ハンター」たち―狩猟採集民の子どもの民族誌

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876987825
  • NDC分類 389.446
  • Cコード C3039

内容説明

遊び・狩猟採集そして「学校」、圧倒的なリアリティで迫る、森の子どものフィールドワーク。

目次

第1章 狩猟採集民の子どもたち
第2章 子どもたちの仲間に入る
第3章 森の遊びとおもちゃの文化
第4章 小さな狩猟採集民
第5章 子どもたちのコスモロジー
第6章 子どもたちをとりまく時代
第7章 狩猟採集社会における子どもの社会化
補論 フィールドで絵を描こう―人文・社会科学におけるスケッチ・リテラシー

著者等紹介

亀井伸孝[カメイノブタカ]
1971年、神奈川県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了、理学博士。日本学術振興会特別研究員、関西学院大学社会学研究科COE特任准教授を経て、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究員。専門は文化人類学・アフリカ地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

冀望

1
「学校が必要で、子どもには教育が必要なのだ」という考え方に疑問をもてる、常識の枠を越えるための良書。狩猟採取民の大人は一切子どもに教育をしない。なのになぜ子どもは成長して必要な技能を身につけていくのか。その答えのひとつに遊びの本能がある。子どもは自発的に育つのだ。2010/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/603872
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。