啓蒙のエピステーメーと経済学の生誕

個数:

啓蒙のエピステーメーと経済学の生誕

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 13時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 420p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876987559
  • NDC分類 331.2
  • Cコード C3030

内容説明

近代市民社会と経済学の原点を問う。資本主義経済への一極化が席捲する現代。啓蒙の時代にその萌芽をさぐり、新たな方途を照らし出す。十七世紀から十九世紀にかけてのイングランドを中心とする英語圏における経済学の原点にあった問題を、改めて論じている。

目次

啓蒙の遺産―解法としての経済学
第1部 軍事・政治から商業へ―初期啓蒙と社会認識の転回(初期啓蒙とペティの経済科学;レトリックを超えて―近代初期イングランドの古典修辞学と政治算術;勤労の育成―ロックからハチスンまで;貨幣から信用へ―アイルランド金融政策にみる経済学的思考)
第2部 経済学の鍛造―盛期啓蒙と経済認識の深化(「立法者の科学」としての経済学―アダム・スミスにおける啓蒙と経済学;新国家の創出―アメリカ啓蒙と植民地独立の経済思想;啓蒙の「形而上学」と経済学の形成―ドゥーガルド・ステュアートと「精神の耕作」;文明社会と商業社会―『エディンバラ・レヴュー』からJ.S.ミルまで)
終わりなき革命―永続する啓蒙と経済的自立の夢

著者等紹介

田中秀夫[タナカヒデオ]
京都大学大学院経済学研究科教授。研究テーマ:啓蒙と経済学の形成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。