いのちの森―生物親和都市の理論と実践

個数:

いのちの森―生物親和都市の理論と実践

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月18日 23時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 397p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876986552
  • NDC分類 519.8
  • Cコード C1045

内容説明

ビオトープとは、「もともとの生態系が保たれた空間」のこと。しかし、これまでの緑地計画には、その土地にずっと棲んできた生き物への配慮が不足していた。外来種や環境変化に強い種、他の生き物との競争に強い種をいたずらに移入することで、「都市の緑」は、かえって、身近な環境を劣化させ、生物多様性の危機を招いたともいえる。都市緑地をユニークな生態系ととらえ、そこでの生き物の振る舞いを明らかにすることで、「真のビオトープ」づくりの方法を示す。

目次

第1章 都市の野生とハビタット(都市によみがえる野生;都市の景観生態学 ほか)
第2章 野生生物と都市―孤立林(孤立林の樹木とシダ植物;都市に残る野生―糺の森 ほか)
第3章 野生生物と都市―水辺(都市河川と水鳥;沿岸域の湿地再生と保全―大阪南港野鳥園の事例 ほか)
第4章 共生の管理と計画(万国博記念公園の森―郷土の森の再生;万国博記念公園の森―人工ギャップによる再生 ほか)