啓蒙と社会―文明観の変容

個数:

啓蒙と社会―文明観の変容

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 13時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 448p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876985579
  • NDC分類 309.04
  • Cコード C3030

内容説明

近代市民社会と文明観の変容を問う。人間社会をふさわしく形づくる文明とは何か?今なお普遍性を持つ問いかけに、練達の経済思想家達が応える。

目次

第1部 初期啓蒙の諸問題(「問題」としてのアイルランド―その“nature and origins”を求めて;ジョン・ロックの教会論―エドワード・スティリングフリート論をもとに;カーマイケルの思想形成をめぐる一断面―『倫理学講義』と『義務論』の二つの注釈版から見えてくるもの ほか)
第2部 スコットランド啓蒙(スコットランド啓蒙における「徳性の涵養」と「精神の解剖」;ハチスン『探求』におけるニュートン的方法の問題;いわゆる「初期覚え書き」とヒューム経済思想の形成 ほか)
第3部 ヨーロッパ、アメリカ、日本の啓蒙(アメリカの啓蒙と国民の鍛造―ベンジャミン・ラッシュの苦闘;スミスを読むフランス―コンドルセとコンスタンの系譜;啓蒙の南限―ジェノヴェージ“市民の経済”の生成 ほか)

著者等紹介

佐々木武[ササキタケシ]
東京医科歯科大学名誉教授。研究テーマ:近代初期英国(イングランド、スコットランド、北米英領植民地、アイルランド)政治思想史

田中秀夫[タナカヒデオ]
京都大学大学院経済学研究科教授。研究テーマ:啓蒙と経済学の形成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。