林忠四郎の全仕事―宇宙の物理学

個数:

林忠四郎の全仕事―宇宙の物理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月18日 20時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 781p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876984978
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3044

内容説明

恒星の進化や初期宇宙における元素の起源の研究で知られ、「ハヤシ・フェイズ」にその名を残す林忠四郎。林自身が晩年に残した自叙伝は、20世紀半ば以降の理論物理学の発展の経緯を、社会的文脈も含め、生き生きと伝える。また和文の論考や貴重な講演・対談・インタヴューの記録、門下生達による寄稿集等を通じて、林忠四郎の研究と教育の全仕事を伝える。

目次

1 林忠四郎の自叙伝 長い人生と宇宙研究の回顧(幼少の時代(1920~1926)
小学生の時代(1927~1933) ほか)
2 林先生による解説など(星と原子核(1949年)
星のエネルギー(1949年) ほか)
3 林先生の対談、講演記録、インタビューなど(座談会 統一的自然像とは何か(1970年)
星の進化をめぐる研究遍歴―林忠四郎教授、大いに語る(1980年) ほか)
4 語られた林先生(自然の進化と学問の進化(1968年)
星の進化(1970年) ほか)
5 追悼の林先生(『日本物理学会誌』追悼記事 林忠四郎先生を偲んで;『天文月報』林忠四郎先生追悼特集 ほか)

著者等紹介

佐藤文隆[サトウフミタカ]
1938年生まれ、1960年京都大学理学部卒業、1964年同大学院中退。1974‐2001年京都大学教授、基礎物理学研究所長、理学部長を歴任。2001‐2014年甲南大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2010年にこの世を去った天文学の巨星,林忠四郎。宇宙の元素の起源や星の進化に関する貴重な論考,京都賞受賞記念講演,晩年に綴られた自叙伝など,日本の宇宙物理学の先駆者としての林の仕事を物語る資料を集結。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件